リハビリテーション科のご案内

【リハビリテーション科】

 当院では11名(理学療法士9名,作業療法士3名)のスタッフにより、入院・外来・訪問それぞれの方法でリハビリテーションを提供しています。また、デイケア(なごみ)や特別養護老人ホーム(せせらぎ)でのリハビリテーション提供も積極的に行っています。

 公益社団法人日本理学療法士協会における新人教育プログラムの臨床指導施設として認定されました。

【理学療法士】
 ●藤本佳希 ●土岐剛史 ●武藤祥子 ●肘井星紀 ●青木彩音
 ●山田晋平 ●西尾慎之介●宮田康平 ●伊東大貴

【作業療法士】
 ●藤田沙知子●川合弘晃 ●小島颯太 

【入院リハビリテーション】
 当院へ入院される理由は、患者様によって様々ですが、入院中に寝たままの状態でいると、筋力低下、関節拘縮、体力低下など身体機能が低下する可能性や、在宅生活よりも動く頻度が減少することによって、動作能力が低下する可能性が考えられます。
 そのため、入院中のリハビリが重要になります。退院の際、可能な限り以前と同じ状態で在宅に戻って頂けるよう、入院中の積極的なリハビリによって身体機能・動作能力の維持・改善を図ります。また、骨折や脳卒中後等のリハビリを目的とした短期入院なども行っています。

【外来リハビリテーション】
 通院によるリハビリテーションです。
 病院にお越し頂き、患者様のご希望に応じた治療を行います。肩、腰、膝の痛みに対するリハビリ、脳卒中後の継続したリハビリなど多くの患者様にご利用頂いています。

【訪問リハビリテーション】
 病院への通院が難しい方やご希望される方を対象として、ご自宅へお伺いしてリハビリテーションを行います。
 運動療法や徒手療法による治療のみでなく、福祉用具の選択や住宅環境調整のアドバイスなど、幅広い視点で患者様の日常生活をサポートします。